【終了しました】平成25年度末までの大型助成金 若者チャレンジ奨励金

2013-05-24

最大で1,800万円(1事業所)

訓練+正社員雇用で145万円以上(1人あたり)

若者チャレンジ奨励金はアベノミクス助成金の目玉です。

 

【若者チャレンジ奨励金のご案内】

35歳未満の非正規雇用の若者を、自社の正社員として雇用することを前提に、自社内での実習(OJT)と座学(Off-JT)を組み合わせた訓練(若者チャレンジ訓練)を実施する事業主の方に奨励金を支給します。

支給される額

訓練奨励金 訓練実施期間に訓練受講者1人1月当たり15万円

 

正社員雇用奨励金

 

訓練終了後、訓練受講者を正社員として雇用した場合に、1人当たり1年経過時に50万円、2年経過時に50万円(計100万円)

 

若者チャレンジ訓練の対象者(35歳未満の若者であって、以下のいずれにも該当する者)

・過去5年以内に訓練を実施する分野で正社員としておおむね3年以上継続して雇用されたことがない

者などであって、登録キャリア・コンサルタントにより、若者チャレンジ訓練へ参加することが適当と判断され、ジョブ・カードの交付を受けた者

・訓練を実施する事業主と期間の定めのある労働契約を締結する者など

(すでに雇用している有期契約の労働者も対象になる場合があります)

※実際の支給には様々な用件があります。

 

手続きの主な流れ  労働局(またはハローワーク)

1 訓練実施計画の届出

2 訓練実施計画の確認

3 訓練受講者の選考・決定

4 訓練の実施

5 訓練奨励金の支給申請

6 正社員雇用奨励金の支給申請

 

〈ご注意〉

この奨励金は平成25年度末までの時限措置です。また、支給額が予算額に達する見込みとなった時点で、申請の受付を中止いたしますので、あらかじめご了承願います。(厚生労働省・都道府県労働局)

当事務所においては、若者チャレンジ奨励金についての書類作成及び申請代行を行っています。

ご相談については初回60分無料にて行います。

お気軽にお問合せ下さい。

Copyright(c) 東京助成金支援センター All Rights Reserved.