Prev » Next «

助成金とは?

助成金とは、事業主を支援するために国が支給するもので、借入金と異なり返済する必要のないお金です。労働者を雇う場合は労働保険に加入しなければなりませんが、厚生労働省関連の助成金はこの保険料の一部を財源としています。せっかく保険料を払っているわけですから、要件に当てはまりそうな場合には迷わず申請するべきです。

厚生労働省関連だけでも多くの助成金がありますが、助成金ごとに詳細な支給要件が定められており、なかには手続きの仕方や要件が分かりにくいものもあります。

共通しているのは、
1.雇用保険の適用事業所であること
2.過去3年以内に不正行為を行ったことがないこと
3.労働保険料を滞納していないこと
などです。

助成金の支給要件や申請手続は頻繁に改正があります。また、助成金そのものが短期間のうちに廃止になったり、新たな助成金が創設される場合もあるので、獲得にはタイムリーな情報と正確な手続が必要です。

このような場合に支給される可能性のある助成金があります。

  • 会社を設立し従業員を雇う予定がある場合
  • 高年齢者、障害者、母子家庭の母親等就職が困難な者を採用する場合
  • 就業規則の定年年齢を引き上げる場合
  • 事業の縮小等により従業員を休業させる場合
  • 新規の従業員の採用についてトライアル雇用(試行雇用)を行う場合
  • 育児休業・介護休業制度を導入後、従業員が制度を利用する場合
  • パートタイマーや派遣社員を正社員にする制度を導入する場合
  •  従業員の能力を開発するために職業訓練制度を導入する場合
  • 介護事業者が介護福祉機器を導入する場合

申請にあたり注意する点

助成金の支給申請には、事前の承認や就業規則の整備を必要とするものがあります。
要件に当てはまっているにも関わらず、情報不足や手続きミスで支給に至らなかったというケースも少なくありません。

助成金の支給申請には、添付書類として労働者名簿や出勤簿、賃金台帳の写しの提出が必要な場合があります。日頃からこれらの書類を整備しておく必要があります。

創業時の助成金については、従業員の採用前に計画書の提出が必要なものもあります。

新規に会社を設立し従業員を雇う予定がある場合は、設立前にご相談ください。

 

月曜日から金曜日の10時から17時まで当事務所にて助成金無料診断・相談を行っています。受付けましたらこちらから連絡をいたします。

お問い合わせ・助成金無料診断・相談のご予約は

03-5155-0342

お問合せ

お気軽にお問い合わせください

Copyright(c) 東京助成金支援センター All Rights Reserved.